医療事務 |職員を知る|岐阜|和光会グループ

加藤 紗容子

医療事務
山田病院所属
入職7年目 30代

× お仕事の相談をする

加藤 紗容子

医療事務/山田病院所属/入職7年目/30代

入職するきっかけは?

11年間、急性期病院で医療事務として働いていましたが、経験をいかしつつ、新たな挑戦、仕事の幅を拡げたいと思っていた時に、山田病院の求人を見つけました。

この職を選んだ理由は

母親が医療事務をしていたので、身近な職業でした。

現在の仕事内容について

窓口、電話対応、受付、会計、診療報酬請求、カルテの代行入力、書類作成、往診日程調整、職員指導など。

仕事をする上で、大事だと思うこと、大事にしていること

患者様、ご家族様に安心感を与えられるよう、分かりやすく丁寧な対応を心掛けています。

仕事のやりがいや感動したエピソード

人と関わることの多い仕事です。患者さんと直接話す機会も多く、「ありがとう」と言ってもらえると大変うれしく思います。また、医療や看護師、多職種と一緒になって仕事を進めることもあり、仕事を続けていると、知識が増え、やりがいや自身につながります。

今後、仕事で実現したいことは?

和光会グループの理念にもある「みんなを笑顔に」です。
関わる全ての人が笑顔になれるよう、思いやりをもって接していきたいです。

失敗したことは?

事務的な細かなミスは多々あります…が、同じ失敗だけは絶対にしないよう心掛けています。

あなたの職場やスタッフについて

子育て世代のお母さんが多く、物事の優先順位や時間配分を考えながら、仕事をしています。話しかけやすく、相談したり、改善しながら仕事が進められます。

あなたにとって、和光会グループで働く魅力は?

外来、入院、訪問診療と幅広く、自分を成長させてくれるところです。

休みの日の過ごし方は?

最近、飼い始めたリクガメのお世話をしながら、癒されています。

求職者のみなさんへメッセージ

専門性と対人スキルが求められ、責任感をもって仕事に取り組んでいます。やりがいがあり、専門知識が増えます。ライフスタイルに合わせて働くことができます。