介護福祉士 |職員を知る|岐阜|和光会グループ

思いをくみとるサービスを
仲間と考え、実現できる
やりがいのある仕事をしています

山内 ますみ

介護福祉士
ナーシングケア北方所属
入職5年目 40代

× お仕事の相談をする

山内 ますみ

介護福祉士/ナーシングケア北方所属/入職5年目/40代

入職するきっかけは?

育児で介護の仕事から離れていた時、知り合いから「和光会で、やってみない?」と声を掛けられたのがきっかけです。以前は訪問介護の仕事をしていたのですが、「次に働くなら施設で」と決めていました。

この職を選んだ理由は

末期がんだった父に、何もできなくて……その時に「介護の勉強をしよう!」と思いました。
始めてすぐ「自分にピッタリだ」と感じました。

現在の仕事内容について

介護福祉士として、共に働く職員や他職種のみなさんと積極的に情報交換を行いながら、ご利用者の思いを汲みとったサービスを提供すること。また、ユニットリーダーとしては、職員の言葉に耳を傾けて、ベストなユニットを作りあげること。

仕事をする上で、大事だと思うこと、大事にしていること

ご利用者の思いに寄り添っていたいと思います。

仕事のやりがいや感動したエピソード

容態があまり良くなく、施設での看取りをご希望されていた方と、そのご家族の話です。
「他の病院で入院中の奥様と面会したい」「生まれ育った実家を訪問したい」という難易度の高いご要望がありましたが、いずれも実現することができました。そのおかげもあってか看取りも解除されて、今も元気に施設で過ごされています。

失敗したことは?

ご利用者の服薬は、朝・昼・夕と毎回同じというケースばかりではなく、朝は2袋で、夕は3袋だったりすることもあります。名前と日にちについては、そのたびに確認し正しく対応できていたのですが、「いつから変わったんですか?」と他の職員から質問された時に、即答できなかったことがありました。服用する薬の量の変化についても、もっと意識すべきだと気付かされた出来事です。

今後、仕事で実現したいことは?

ご利用者が「行きたい!」と思ったら、すぐに対応できるような外出支援です。

あなたの職場やスタッフについて

ユニットの職員は、みんなとても明るいですよ。ご利用者のことを一緒に考え、一緒に喜び合える仲間が揃っています。

あなたにとって、和光会グループで働く魅力は?

常に学びと向上できるチャンスを与えてくれる、研修制度。
職場の仲間との旅行を叶えてくれる、福利厚生。

休みの日の過ごし方は?

子どもとゆっくり過ごします。

求職者のみなさんへメッセージ

職員の一人ひとりが責任感を持ち、業務に取り組んでいます。やりがいのある仕事って、こういうことだと思います。

1日の流れSCHEDULE

早番の場合

7 : 00〜
出勤、申し送り、起床介助、水分補給、バイタル測定、移乗介助
7 : 30〜
耳下腺マッサージ、朝食準備、食事介助、服薬・点眼
8 : 30〜
口腔ケア、トイレ介助
9 : 30〜
臥床介助
10 : 00〜
朝食の片付け、体操、ティータイムの準備とティータイム
10 : 45〜
離床介助
11 : 00〜
トイレ介助
12 : 00〜
休憩
13 : 00〜
介護記録の入力
13 : 30〜
レクリエーションに参加、昼食の片付け
14 : 30〜
離床介助
14 : 45〜
おやつ準備
15 : 30〜
トイレ介助
16 : 00
申し送り、退勤

遅番の場合

12 : 00〜
出勤、食事介助、服薬・点眼
12 : 30〜
口腔ケア、トイレ介助
13 : 00〜
臥床介助
13 : 30〜
レクリエーションに参加、入浴介助、昼食の片付け、介護記録の入力
14 : 30〜
離床介助
14 : 45〜
おやつ準備
15 : 30〜
トイレ介助
16 : 00〜
臥床介助、申し送り
17 : 00〜
離床介助
17 : 30〜
嚥下体操、耳下腺マッサージ、夕食準備
18 : 00〜
食事介助、服薬・点眼
18 : 30〜
口腔ケア、トイレ介助
19 : 00〜
就寝介助
20 : 00〜
片付け、掃除
20 : 30〜
服薬
20 : 40〜
介護記録の入力
21 : 00
申し送り、退勤

夜勤の場合

21 : 00〜
出勤、申し送り
21 : 30〜
就寝介助
22 : 00〜
抜水、巡視など
23 : 00〜
オムツ交換、排泄誘導など
5 : 00〜
起床介助
6 : 00〜
トイレ介助・朝の準備
※コール対応は随時
7 : 00
申し送り、退勤

介護福祉士の求人を見る

他のインタビューを見る