ケアマネジャー |職員を知る|岐阜|和光会グループ

それぞれに得意分野があって経験もさまざま。
困ったことがあれば
いつでも相談できます。

馬淵 真史

ケアマネジャー
ケアプランセンター白山所属
入職3年目 30代

× お仕事の相談をする

馬淵 真史

ケアマネジャー/ケアプランセンター白山所属/入職3年目/30代

入職するきっかけは?

居宅介護支援事業所で介護支援専門員として働きたいと考えていました。経験者採用の求人が多い中で、未経験者可能の和光会は、教育体制がしっかりしていると感じ応募したのがきっかけです。

この職を選んだ理由は

大学卒業後、通所介護事業所の生活相談員として福祉業界でのキャリアをスタートしました。管理者としての経験も重ねるうちに、日中のみが中心となる通所介護では1日や1週間単位で生活の支援を考えたら限界があるんじゃないか、と考えるように。「もっとご利用者や家族の生活にも、幅広く関わりたい」との思いが強くなって、日常生活全般を支援できる介護支援専門員を選びました。

現在の仕事内容について

ご利用者とそのご家族が望むならば、できる限り在宅での生活が継続できるように生活・介護状況を踏まえたサービスの提案とその調整を行います。
課題に対するアプローチは、介護支援専門員ごとに異なるもの。だから同僚の意見やアイデアも参考にしながら、最も根拠のあるプランが提案できるように努力しています。

仕事をする上で、大事だと思うこと、大事にしていること

大事にしていることは、しっかりとご利用者の話に耳を傾けること。
そのために聞くことに徹して、否定しません。その積み重ねによって「この人になら話しても大丈夫」という安心感につながっていくのだと考えています。反面、色々な意見や情報を得られる分、感情に流されず客観的な視点を持つことも求められる仕事ですね。それ以外に”周囲の気配り”や”体力”もあればいいな、と思います。

仕事のやりがいや感動したエピソード

1人だけで考えて結論を出すのではなく、関わっている他職種の意見も参考にしながら最適なサービスを検討できる点は心強いし、やりがいにも繋がっていると感じます。あとはやっぱり「馬渕さんの紹介してくれたサービス、良かったよ。ありがとう!」は、何度言われてもうれしいです。

失敗したことは?

家族関係やお金に関すること、排泄状況など、人に話したくないプライベートな部分を把握する必要があるのにスムーズに聞き出せなかったこと。
家族の支援があるから大丈夫と思っていたのに、実際は関係が良好ではなかったため、かえってご利用者の精神的な負担になってしまっていたことがありました。

今後、仕事で実現したいことは?

介護支援専門員は、経験はもちろん情報や知識など”引き出しの多さ”が重要です。「今の自分では、まだ足りない。」と感じることも、少なくありません。そのため、職場内・地域の研修に積極的に参加して自己研鑽に励みたいと考えています。そこで他職種と横のつながりも作れたら、視野も広がるでしょうし。

あなたの職場やスタッフについて

それぞれに得意分野があって、経験もさまざま。困ったことがあれば、いつでも相談できる仲間が集まっています。

あなたにとって、和光会グループで働く魅力は?

在宅サービス、施設サービス、病院など幅広く展開しているため、色々な職種の同僚たちから違った視点の意見・アイデアをもらえること。
内外問わず興味のある研修に対して、参加をサポートしてくれる点も魅力です。

休みの日の過ごし方は?

夏はキャンプ、冬はスノーボードなど。
遊びを通じても、他部署の職員と交流を図っています。

求職者のみなさんへメッセージ

多種多様なサービスがあり、そこで働く職員と意見を交換することも可能です。仕事に役立つ知識を得る機会に恵まれていると、必ず実感できるでしょう。

1日の流れSCHEDULE

8:30~
出勤
朝礼
8:40~
1日の予定を確認後、事務作業
10:00~
ご利用者宅訪問、サービス担当者会議など
12:00~
休憩
13:00~
計画書・利用票・アセスメントなどの書類作成
14:00~
ご利用者宅・事業所訪問、サービス担当者会議など
16:30~
支援経過の入力作業
17:30
退勤

ケアマネジャーの求人を見る

他のインタビューを見る