一般事務 |職員を知る|岐阜|和光会グループ

川瀬 なつ実

一般事務
法人管理部経理課所属
入職8年目 30代

× お仕事の相談をする

川瀬 なつ実

一般事務/法人管理部経理課所属/入職8年目/30代

入職するきっかけは?

前職は幼稚園教諭をしていました。しかし、今後の結婚や出産、子育てを考えると、担任を受け持ちながら続けていくことが難しいのではないかと思い、転職を考えました。
事務職で仕事を探すと沢山ありましたが、その中で福利厚生が充実している和光会が目に留まりました。詳しく調べてみるととても大きな法人で、様々な年代の方が活躍していらっしゃる事を知り、ここなら長く勤められそうと思い応募しました。こども園や託児所の運営もしていて、保育の現場に近い事も当時は魅力の1つでした。

この職を選んだ理由は

商業高校在学中に取得した、簿記の資格を生かして経理の仕事が出来ればと考えた為です。

現在の仕事内容について

私も入職するまで知りませんでしたが、経理の仕事は意外と多岐に渡ります。
日々の入出金管理の他にも、予算編成や固定資産の管理もします。月に1回は現場に出向き、管理者に向けて収支状況の報告も行っています。現場とは離れた場所で働いていますが、常に現場をサポートする立場でいたいと思っています。

仕事をする上で、大事だと思うこと、大事にしていること

周りとのコミュニケーションをとることです。事務というと、1人で黙々と作業を進めるイメージを持たれることもありますが、連携を図る事が大切だと感じます。現金の授受に関しては特に慎重に、お互いに声を掛け合って扱うようにしています。

仕事のやりがいや感動したエピソード

経理の仕事の一番の山場は決算です。繫忙期となりますが、周りのスタッフと一緒に“乗り越えた!”と思える瞬間も毎年必ず味わえるので頑張れます。整った決算書を見て、今年もやり切ったと嬉しく思います。

今後、仕事で実現したいことは?

まだまだ未熟な会計スキルを向上させること。それから、和光会は医療・介護・障がい・子育てと様々な分野で多くの方が活躍されています。せっかくそのような法人で仕事が出来るので、興味がある分野について色々な方と関われたらと思います。

失敗したことは?

現場がスムーズに運営出来るようにサポートする立場でありながら、うっかり連絡がギリギリになってしまう事があります。そんな時でも、こちらからの依頼を快く引き受けて下さる現場の皆さんに、いつも助けられています。

あなたの職場やスタッフについて

老若男女さまざまな世代の方に囲まれて働いています。目上の方から学ぶことが多いのはもちろんのこと、自分より年下のスタッフからは、今時のジャニーズ事情について教えてもらう事もあります。
まだまだ手のかかる子どもがいる私は、幼稚園の行事や子どもの看護で休まなければいけない事もしばしばありますが、快く送り出してくれ、フォローして頂いていることに本当に感謝しています。子育てから卒業した時には、次は私がフォローする側に回れたらと思えるのは、今の周りのスタッフのおかげです。

あなたにとって、和光会グループで働く魅力は?

結婚、出産、育児、と女性は取り巻く環境がどんどん変化していきますが、どんな状況の私でも受入れ、働く場所を提供してくれる法人です。

休みの日の過ごし方は?

子どもと過ごすことがほとんどです。一緒にスーパーに買い物に行ったり、公園に行ったり。最近では一緒に映画を見に行けるようになったので、アニメの公開情報には常にアンテナを張っています。
子どもをパパに預けて、友達とランチに出かける事もあります。幸せな時間です。

求職者のみなさんへメッセージ

まだまだ子どもが小さいし…と悩んでいるお母さんは沢山いらっしゃると思いますが、託児所があったり、病児保育があったりとサポートは万全です。私も育児休暇から復帰する時にはこんなに小さな子どもを預けてまで働く意味があるのか…と悩んだ事もありましたが、まずはやってみよう、ダメだったら引き返せばいい、と思い飛び込みました。子どもが一日楽しく過ごしていると思うと、自分も仕事に打ち込めます。まずはどんな働き方が出来そうか、相談してみる事をおすすめします。